MENU ▼

サムライ蹴球BLOG

あの小倉さんとタイでご対面でござる!

拙者、剣の道には腕にたしかな覚えあり。蹴球についてはからっきしでござったゆえ、

全日本の男子が「サムライ」、女子が「なでしこ」と呼ばれていることくらいは知っておったが、

はじめてOGURAと聞いたときには、小豆アイスか、はたまた「とくダネ!」の司会者のことかと思ったものでござる。

日本からやってきた研修生たちも、まさかサッカー界で親子2代に渡ってグローバルに活躍する、

あの人がやって来ようとは、つゆにも感じていなかったことでござろう。

『スクンビットソイ22に集合すべし。』暗号のような命令をなんとか解読し、

サムライ研修生がやってきたのは、タイ王国の首都バンコク。

一息ついたのもつかの間、謎の組織に連れ去られる若きサムライたち。

車に揺られたどり着いた先は、タイプレミアリーグに参戦するチョンブリーFCのホームスタジアムであった。

「どうも、小倉です。」そこへ現れたのが恰幅の良い日本人、OGURAでござる。

小倉さんはチョンブリーFCの国際セールス&マーケティングマネージャーなのである。

サムライたちは小倉さんに付いてクラブオフィスを見学し、日本人監督の和田さんや選手、スタッフの方を紹介される。

異国で闘う者同士、手を取り合って進もうという心意気でござろうか。

サムライたちは今まで体感したことのない高揚感に包まれ、そして小倉さんの自己紹介を聞いて更に耳を疑う。

まじですか。お父上はFIFA理事でAFC理事でJFA12代会長をされた、あのOGURAさんですか。

翌日から、お世話になった小倉さんに恩返しとばかりに、若きサムライたちは

タイプレミアリーグのスポンサー調査に挑んだのでござる。今まで全く経験したことのないお勤めであったが、

ウェブサイトやスポーツショップでの実地調査を通じて情報を集め、悪戦苦闘のすえ、

なんとタイの企業の中からチョンブリーFCのスポンサー候補を探しだすことに成功したのでござる!

あっぱれ、日本の若きサムライたち!

意気揚々と数日間の成果をプレゼンテーションするサムライたち。見事小倉さんから「おぬしらマジ最高!優勝!」

の言葉を頂き、褒美のしるしにワールドカップならぬサワディカップも獲得したでござる!

毎日、誰と出会い何が起こるかわからない、エキサイティング&エキゾチックな場所、それがタイでござる。

それを象徴するかのように、研修生の奮闘ぶりをなぜか日本人タイリーガーたちが外から眺めて微笑みを浮かべていたとかなんとか。

2014-05-30 | Posted in サムライ蹴球BLOGNo Comments » 

 

英語なんてへっちゃらでござる!

うむ、今回のサムライ蹴球ブログでは、この研修で必要な英語力に触れたいのでござる。

拙者、サムライゆえに英語をはじめハイカラものはからっきしダメなのでござるが、

日本から来る研修生たちも英語はできたりできなかったり、でござる。

平成に生きる若者にはぜひ英語力は備えておいて欲しいものであるが、それがないゆえに日本に閉じこもっている若者を見ているのも歯がゆいのでござる。

どちらか言えば、この研修で必要なものは語学力よりコミュニケーション力でござる。

今風に言えば「コミュ力」ってものでござるな?

現地の人たちとコミュニケーションを踏ん張りを繰り返すうちに、現地出発前には「英語は苦手、自信がない」と思っていた研修生が帰る頃には「英語はできる、なんとかなる」というマインドに変わるのでござる。そして、実践で使い続けることによってスキル自体もあがっていくのを、拙者、何度となく目の当たりにしてきたでござるよ。

カンボジアでの研修中にクラブから出されたミッション(お題)を遂行するために、カンボジア人サポーターを100人集まるというものがあった。

言葉が通じなくとも、応援するチームがゴールすれば喜び、相手チームにゴールを奪われれば、一緒に悲しむ。

これはどんな言語であれ、グローバル共通なのでござるよ。

つまるところ、サッカーは世界共通言語、英語なんてできなくてもへっちゃらでござる。

サッカーボールの力を借りれば、「コミュ力」だけ持ってきてもらえれば、充分に東南アジアでの研修で活躍できると思っているでござるよ。

「英語ができないから・・・・」と尻込みをせずに、バンバン海外へ飛び出して欲しいのでござる!

 

2014-05-30 | Posted in サムライ蹴球BLOGNo Comments » 

 

4 / 41234