MENU ▼

参加者の声

SFC参加者の声:篠田 悠輔さん

SFCを活用して爆速かつ華麗なキャリアチェンジ(カンボジア編・2015年8月)

 

左端が篠田さん。これは研修当時で、今はユニフォームが違います。

左端が篠田さん。これは研修当時で、今はユニフォームが違います。

 

東南アジア×サッカー
ここに魅力を感じて参加しました。

東南アジアの、あのインフラが整っていないところ、
現地人がエネルギッシュで、自分自身パワーが貰える感じが好きで、
それとずっとプレーしていたサッカーとが重なりあってという感じです。

知ったきっかけは、SFCをオーガナイズしている四方さんの前職が
自分自身が当時働いていた会社と同じで、四方さん⇒サムライカレー⇒SFCという感じで知りました。

—実際に参加してみて—

SFCではサッカービジネスに直接触れる事ができましたが、
サッカービジネスを学ぶことを通じて、サッカー以外のビジネスにも眼が向いて、
視野が広くなった気がします。

実践型なので、自分で考えてアクションに落として、
街中にいるまたはSNS上にいる現地のカンボジア人から実際にフィードバックをもらう。
フィードバック次第で、やり方を変えてみて、まだ行動に移す。

この繰り返しをすることで、サッカービジネスだけに必要じゃない汎用的な学びがありました。

特にカンボジアは日本の当たり前が当たり前じゃない国で、
何でこれが無くて、何でこれが人気で?とか、
国という環境が違うだけでこれ程違うんだと日々実感しながら生活することができました。

特に驚いたのは、国際大会の案内をする為にビラ配りをしていた時。
日本では、95%位の人がビラを受け取らないんじゃないかと思います。

でもカンボジアだと95%位の人が受け取ってくれます。
※親日で人が良い人が多いから一度受け取って、後で捨てるという噂もありますが。笑

まさに、「郷に入っては郷に従え」と感じた瞬間でした。

そんなきっかけを与えてくれるのが、SFCだと思います。
実際に足を使って身体で学ぶ事を、海外というフィールドで学ぶことは刺激的です。

長谷川さん、四方さんをはじめ、現地でお世話になった方々、有り難う御座いました!


当時社会人3年目、誰でも手に入れることが出来るわけではないハイキャリアを進んでいた本人は
周りから見るほど楽しくなかったのかもしれません。

面接からはじまり何度か話すうちに「遅かれ早かれ、必ずアジアに出てくる人材」と感じ、
会社の短い休暇を利用して来ていることもあり、幾つかの要望をなるべく叶えられるようなアレンジをしました。

しかし、まさかこんなに早く出てくるとは!

研修が終わって半年後、篠田さんは「カンボジアンタイガーFC」フロントスタッフというポジションを射止め、
今年2月から再びプノンペンの地で活躍しています。

 

2016-05-11 | Posted in 参加者の声No Comments » 

 

SFC参加者の声:富田 悠介さん

カンボジアで見つけた面白さを日本で表現したい!(カンボジア編・2015年8月)

 

中央が富田さん (愛称トミー)

 

将来はサッカーで生活していきたい!
という思いを抱いて横浜の大学に入学したものの、ダラダラとした4ヶ月を送ってしまっていました。そんな時に出会ったのがSFCの説明会の案内でした。

正直、説明会にいくまでは「カンボジア?ないないない(笑)」みたいな感じで参加する気は全くありませんでした。
でも説明を聞いていくうちに、これは行くしかないな、という思いに傾いていきました。

それほどまでに魅力的な内容なんです(笑)

初めてのカンボジアはもちろん驚くことばかりで、僕みたいに飽きっぽい人間にはもってこいの環境です!

お世話になったカンボジアタイガーFCは出来て間もないクラブで、クラブとしても初めての取り組みに数多く携わらせていただき、とても貴重な体験をさせていただきました。そして、人生初の体験も色々とすることができました。
与えられたミッションを達成するために行う活動はたった数時間でも、得られる経験や教訓などは日本では決してできないものばかりです。

そして、SFCならではの特典が、日本では普通会えないような方々と共に活動したり語り合ったりできる事です。カンボジアで出会った方達は熱い人達ばかりで、圧倒されるばかりでした。

そんな方々から聞く話はとても刺激的で、自分の人生観を揺さぶられるものばかりです。

なので、サッカーを職にしたい人にはもちろんですが、そうじゃない人にも絶対参加して欲しいです!!

 


ちょっとした人脈作りのために参加した説明会が、トミーにとっての転機でした。説明会のあと即決でSFCへ申込み、10日後にはカンボジアという爆速です。この時点でグローバルに活躍できるマインドセットが備わっているといっても過言ではない!

こちらとしては1日数時間でクリアできるミッションを設定したとは思っていませんが(笑)、自分で作った時間を現地カンボジアで活躍する日本人若手起業家さんたちとの交流に充て、良い刺激を受けた模様。

まだJリーグクラブのない宮崎県出身。プロクラブ立ち上げ1 年目、カンボジアンタイガーFCのスタートアップを体感することで、人生の大きな目標を見つけました。これを現実化するためにどのような行動を自分の生活にブレイクダウンしていくか。トミーの今後の活躍に期待です。

2015-10-16 | Posted in 参加者の声No Comments » 

 

SFC参加者の声:後藤 翔太さん

 

初の海外がカンボジア!(カンボジア編・2014年12月)

 

この研修を受けたきっかけは、将来サッカー業界で働きたいと思っていたことがすごく大きいです。

その中でも一番働きたいのがJリーグのサッカークラブ。しかしサッカークラブで働くといっても、知識も能力もまったくないし、そもそもサッカー業界には他にどんな仕事があるのかもあまり知りませんでした。

なので、この研修に参加すればサッカーの仕事とはどんなものなのか?ということを、少しでも自分の経験値にできると思ったし、これから就職活動をするうえで、何か別の選択肢も浮かぶ可能性もあるのではないか、ということを考えていました。

また、何故わざわざ海外に行く必要があるのかということをすごく考えました。

まだ自分が知らないアジアで、サッカーがどのように流通しているのかを知りたい、
日本語が通じない国で、自分がどのようにサッカーを通じて貢献できるのかを知りたい、
サッカーを通じてもっとたくさんの人とつながりたい。

海外に行くことで得られることや海外に行かないと得られないものが沢山あることがわかり、本当に行ってみたい!思いました。

海外に行くのが初めてだった自分にとって、海外に行くだけでもチャレンジであるのに、海外でサッカーの活動をするということは相当なチャレンジでした。

実際にカンボジアに行ってみて、バッタンバン(カンボジア第二の人口を持つ州)でいろんな小学校を回ってサッカークリニックを開いたり、プノンペンでリサーチ活動をしたりしましたが、とにかく時間が少なかったです(笑)。

でも、限られた時間の中で最後には形にしてプレゼンを行うことがミッションだったので、そのおかげで参加者それぞれが役割分担をし、積極的に行動することができたと思います。

バッタンバンでは小学生と一緒にサッカーをしましたが、英語でコミュニケーションがとれない子もいました。そんな状況でも、ボールを一緒に蹴ることでみんなが笑顔になったし、自分としても小学生を楽しませたい一心で、何か面白いことをしたいと考えました。そして何より元気な小学生と一緒にサッカーをすることで、自分も自然と笑顔になれ、すごく楽しむことができました。

プノンペンで活動するときは、仲間同士のミーティングの仕方がわるく、思うように話し合いが進まない時もありましたが、うまく導いてもらいながら、明日は何をしなきゃいけないのか、何を優先に活動しなきゃいけないのかをちゃんと決めることができました。初対面の仲間同士で活動していくためには、みんなが自分の意見をちゃんと主張しなければいけないと思っていたので、それはみんながそれぞれ出来たので良かったと思います。

自分としては英語が勉強不足だったせいで、街のひと達へのヒアリングがうまくできなかったので、海外に出るならもっと英語の勉強が必要だと実感しました。ぎこちない英語でも、明るく積極的にならないといけない。

最後に、この研修を受けたおかげで将来の夢というのも改めて明確になったし、その先何がやりたいか、どういう自分になりたいのかというのも見えたと思います。

やっぱりサッカーを日本にももっと広めたいし、それぞれのJクラブがもっと地域から愛されるようになって欲しい、そしてクラブも地域のために・サポーターのためにもっと頑張ろうと思える、そういう相互関係を作れたら良いと実感しました。

 


 

初めてパスポートを取り、初めていく外国がカンボジア、しかもサムライフットボールチャレンジで!
そういった方は意外と多いのですが、“ごぼう”(後藤くんの愛称)もまさにそのパターン。

日本から突然プノンペンに来て、環境の変化に戸惑ったとは思いますが
わずか数日間でカンボジアに適応し、元々備わっている堅実で責任感ある姿勢を発揮してくれました!

現在もFリーグクラブのインターンなどを続けながら、スポーツ界への就職を目指す“ごぼう”。
サムライに参加したチャレンジ精神を忘れずに、これからも沢山のチャレンジをして、大きく羽ばたいて欲しいものです!

2015-07-24 | Posted in 参加者の声No Comments » 

 

SFC参加者の声:新藤 あみさん

“くノ一” in SFC(カンボジア編・2014年12月)

何と言ってもSFCの魅力は現場実践。

今、この時、そこで起こっている事を体感できるところ。
日本サッカーが徐々に広まりつつある東南アジアで実際何が起きているのか、その現場を見に行きたいと思い参加を決意しました。

 

〜今回の研修を3つのキーワードで振り返る〜

『出会い』

この1週間だけで沢山の出会いがあった。カンボジアサッカー最前線で活躍されている日本人の方、カンボジアサッカー連盟のスタッフ、日本語を勉強する大学生、サッカーを知らない子どもたち、親切なカフェ店員…
ネットで得られる情報や本に書いてある事だけでは伝わらない、自分自身がその人と接して得られる衝撃!感動!発見!
日本を飛び出せば格段に世界は広まる!

『仲間』

誰かと一緒に何かに取り組む、達成する事は個人でするそれよりも何倍も得られるものがある、と思う。
人と信頼関係を築くことや、互いの長所・短所を活かし補い合うことは仕事をしていく上でも大切なこと。サッカーやビジネスだけでなく、人間的な部分も学ぶことのできる研修だった。

『自発性』

「研修」と言っても、何かを教えてくれる、色々な場所に連れて行ってくれるという受身な姿勢では通用しない。知りたかったら聞く、気になったら足を運ぶ。
成功か失敗かは関係なくてアグレッシブに動くという事自体が何かを生み出すと思った。どれだけのものを得られるかは自分次第!

 

改めてサッカーの魅力に取り付かれてしまった私は、サッカー×海外というフィールドを求めて旅を続けます。

それにしても、なんて濃い一週間だったんだろう。

こんな研修はSFC以外ないと、ここに断言します!


Samurai Football Challenge初の女性参加者のうちの一人

自身が情熱を傾けることのできる「こと」を探しに、東南アジアを旅していた新藤あみさん。
その途中、ラオスからカンボジアに入国し、SFCに参加してくれました。

海外生活も経験しているため、カンボジアの生活環境にも全く物怖じすることなく
研修チームの渉外的役割を積極的に担ってプロジェクトの推進力となっていました。

SFCを通じて、その情熱を傾ける先は、サッカー×海外のフィールドであるということを
明確に感じたとのこと。

今後の活躍にも期待しています!

 

2015-01-21 | Posted in 参加者の声No Comments » 

 

SFC参加者の声:上妻 良平さん

将来のビジョンを明確にできました!!(タイ/チェンライ編・2014年9月)

 

「好きなサッカーを仕事にしたい」

私が中学生の頃から抱き続けている夢です。

その夢の実現に向けて、今まで学んできたことを「実践」してみよう。
そんな気持ちでSamurai Football Challenge (SFC)への参加を決めました。

 

「海外でインターンシップ」

「サッカークラブでインターンシップ」

スポーツビジネスが注目を集める昨今、目にすることが多いキーワードです。
その中でもこのSFCには、私の求める「実践できる」フィールドがありました。

街のことをもっと知ろうとバイクであちこち聞き込みにまわったり、
日本人の皆さんにクラブのことを知ってもらおうとファンミーティングイベントを開催したり、
日本語版Facebookページを立ち上げたり。

ちょっと調子に乗ってクラブが目指すべき将来像を提案してみたり。

 

3週間という期間の中でカタチにできたものもあれば、アイデア止まりだったものもあります。
しかし、本を読んだり、セミナーに参加したりするのと決定的に違っていたのは
「このクラブの力になりたい」と心の底から思って取り組んでいたことだと思います。

本気でクラブを良くしようと取り組んだ分、学びも大きく、
クラブのスタッフとも、一緒に取り組んだメンバーとも信頼関係を築くことができました。

 

やっぱりサッカーでできた仲間っていいですよね。

みんな熱くて、ちょっとどこか狂ってる。

出会った初日に真顔で自分の夢を語り合ったかと思えば、
日が暮れてもう何も見えないのに延々とボールを追いかけてる。子供みたいに。

これだからサッカーって好きなんだよなぁこの野郎。

タイの地で何度もそんな風に思いました。

自分のキャリアについて悩みを抱えた状態で臨んだSFCでしたが、
濃厚な3週間を経て、自分が本当は何をしたいのか、どこを目指したいのか、
はっきりさせることが出来ました。

「サッカー、好きなんだけど•••仕事にしたいんだけど•••」

そんな風に思って、もしくは悩んでいる皆さんには
異国の地でのこのChallengeを強くお勧めします。

ここで得られる知識や経験、そして仲間。
そういうものを引っくるめて、Challengeを終えた頃には夢への一歩を踏み出しているのではないかと思います。

そしてきっとずっといい顔をして帰ってくる。

そんな風に思います。


「すでにプロサッカークラブのフロントスタッフとして即戦力」

プログラムマネージャーも太鼓判を押せるほどサッカーに精通する上妻くんは、
アジアサッカーキャリアセミナー(アジアサッカー研究所主催)聴講後、
私たちのプログラムに参加しました。

将来の具体的なビジョンを持っており、そこに向けてしっかりとアクションも起こしているなかで
この参加の時期がちょうど、ビジョン達成に至る二つの別れ道に直面している瞬間であったようです。

タイでの3週間を経て、自らのビジョンを再整理し、日本へと帰っていきました。
SFCをもっとも楽しみ、もっとも活用したうちの一人といえるでしょう。

2014-11-27 | Posted in 参加者の声No Comments » 

 

1 / 212