MENU ▼

参加者の声

SFC参加者の声:秋葉 俊之介さん

次なるサッカーとの関わり方を探るために。(タイ/チェンライ編・2014年9月)

 

高校時代の思い出といえば…?

100%がサッカー部でボールを蹴り続けていたことです。

大学時代の思い出といえば…?

60%がサッカーサークルでボールを蹴っていたことで、
残りの40%がバックパッカーで世界を歩き回ったことです。

そんな私が真剣に将来を考えていたとき、この2つの疑問が頭に浮かんできました。

「スポーツビジネスってなんだろう?」

「海外で働くってなんだろう?」

この答えを少しでも知る・見るために、海外サッカークラブ実践体験プログラム
Samurai Football Challengeへの参加を決めました。

講習期間では、スポーツビジネスに関わる組織やお金の流れなど、基本的な体系を学びつつ、
ともに参加した仲間と議論を交わし理解を深めていきました。

実践期間の前半では、チェンライ・ユナイテッドFCがもっとよくなるために
どんなことができるのかを探すべく、チームはもちろんのこと
チェンライの街や人々の生活を知るために足を使って動き回りました。

そして後半では、足を使って集めた情報をもとにしたアイデアを実際にカタチにしていくため、
クラブスタッフへの企画の提案から実行までを進めていきました。

正直なところ、3週間という限られた時間のなかで
「できた」ことはそう多くはなかったかもしれません。

ただ、同じ3週間で「感じた」ことはものすごく多く、
一瞬一瞬浴びるようにヒシヒシと肌に伝わってきました。

トゥクトゥクでお金を多少上乗せされたり、
トイレに紙がなかったり、と
普通に生活しているだけで、日本では感じることができないことを
山のように経験できました。

もちろんビジネス面でも、信頼関係を築くためにとんでもなく辛いタイ料理を堪能したり、
スコールが降り注ぐなか共にボールを蹴ったりと、文化の違いのなかで
それを超えて人と付き合っていくスキルを生で体得できました。

これからは、このSFCで「感じた」たくさんのことを、
将来の人生で「できた」ことの土台にしていこう。
そうすることで、2つの疑問の答えの先にある未来に一歩ずつ近づいていこうと思います。

「スポーツ × 海外」を将来のキャリアとして描いている人や、
そうでなくても漠然と何かに挑戦したい人も。

何か「感じる」ものがここにはあると思います。


高校・大学ともに全国レベルで活躍し、プレーで輝かしい実績を持つ秋葉くん。
サッカーを「プレーする」のみならず「創る」ことに興味を覚え、
現在留学中のシアトルから地球を半周してチェンライ編に参加。

持ち前のコミュニケーションスキルの高さを活かして研修チームはもちろんのこと
タイ人クラブスタッフやチェンライの街の人々へも元気を振り撒いていました。

現在アメリカで英語を勉強中ということもあり、非ネイティブ同士の会話については
かなり良い実践機会になったのでは。

2014-11-04 | Posted in 参加者の声No Comments » 

 

SFC参加者の声:西村 誠一郎さん

目標に向けた”やるべきこと”を、はっきりと自覚。(カンボジア編・2014年8月)

自分は「海外のサッカークラブで働くこと」が目標です。

しかし、どんなことをしてサッカーに関わって行くかは
具体的に決まってはいませんでした。

サムライフットボールチャレンジの
「アジアで”リアルサカつく”をやってみよう」というスローガンは
そんな自分にとってぴったりだと思い、迷わず参加を決めました。

自分はカンボジアで現地調査・コーチングなどをさせていただきました。
「カンボジアでサッカービジネス?」と皆さんの中には疑問に思う方もいるかもしれません。
自分も最初はそう思っていました。

しかし、現地で活躍されているカンボジア人や日本人の方々を見て、
カンボジアでのサッカーの可能性を肌で感じることができました。

サムライフットボールチャレンジでは、営業やマーケティングなど
サッカービジネスの様々な関わり方を体験することができました。

そしてその体験の中で、「自分にできること、できないこと」を洗い出すことができました。

こういった経験は、おそらく日本で生活していてはできなかったと思います。
思い切ってアジアに飛び込み、現地の人たちとコミュニケーションを取ったり、
サッカーを通じて活動したりしたからこそ
なし得ることが出来た経験だと思います。

そして何より、「海外のサッカークラブで働く」という自分の目標に向けて、
これからの自分には何が必要なのかを、はっきりと自覚することができたのが最大の収穫です。

皆さんの中では自分と同じような志を持つ方は多いと思います。
サムライフットボールチャレンジで、思い切ってアジアに飛び込んでみてはいかがでしょうか。
自分の新たな可能性を見つけられるでしょう。


大学一年生、18歳で「サムライフットボールチャレンジ」に飛び込んできてくれた西村くん。

海外での過ごし方も、サッカーへの関わり方も、分からないことばかり。

日本ではジュニアのコーチをしており、
この経験を頼りに最後まで足を止めずに走り続けました。

カンボジアに来て、自分を客観的に見つめ直すことにより
大学生として過ごす4年間のプランを、しっかりと整理して日本へ帰っていきました。

これからも目標に向かって頑張れ!西村くん!

2014-10-25 | Posted in 参加者の声No Comments » 

 

SFC参加者の声:彦根 圭佑さん

サッカーでつながる出会いを求めて。(タイ&カンボジア / 2014年5月)

 

———————————————————————————————————————

刺激!刺激!刺激!怒涛の3週間でした!

 

研修の舞台は東南アジア。
いまや世界的な大都市へと成長を遂げたタイの首都バンコクと、
内戦終結後、右肩上がりの経済成長を続けるカンボジアの首都プノンペン。

2つの異なる都市で研修は行われました。

 

1stステージのバンコクでは、

「スポーツとは何か」、「サッカーとは何か」など、本質の追求。
そして実地調査を経て得たタイサッカーに関する圧倒的な知識をフルに活用し、
プロサッカークラブのスポンサー戦略に携わりました。

 

2ndステージのプノンペンでは、

プロチームをサポートする形で、カンボジアにおけるサッカーの普及活動をテーマに、
サポーター文化の創設や、女子プレーヤーの発掘、フットサル大会の企画・運営など、
より実践的な活動の中で、日夜様々なミッションに挑戦しました。

 

生活面でも途上国ならではの経験ができました。
ローカルの食事、慣れない土地、紙のないトイレ、
英語の喋れない異国人とのボディランゲージを使ったコミュニケーションなど。

こんにちわ?通じません。タクシー?トゥクトゥクです。お風呂?冷水です。
まさしく”アジアの壁”が目の前に立ちはだかります。

しかし、その中で自分の頭で考え、自分の足で前に進み、仲間に支えられ、その壁をぶち壊していきました。

結果、ここでしか学べなかったことを学び、今まで考えられなかったことに気づきました。

そして何より、ここで出会った人たちとの絆は僕の一生の宝物となりました。

 

このように、人々に素敵な出会いを与えてくれることこそが、スポーツの、そしてサッカーの素晴らしさだと思います。

研修の後、僕はまた少しサッカーを好きになりました。

 

アウェイの地で、もがいた経験は一生忘れないでしょう。

そして、3週間後、今まで見えなかった景色がきっと見えてくるはずです。

今、最も世界の注目が集まるこのアジアの地で、皆さんも刺激に触れてみてはいかがでしょうか?

サッカーって素敵ですね!

 

 

2014-05-30 | Posted in Photo Gallery, 参加者の声No Comments » 

 

SFC参加者の声:山本 奈さん

アジアサッカーの盛り上がりを体感!(タイ&カンボジア / 2014年5月)
———————————————————————————————————————
 私がこの『サムライフットボールチャレンジ』に参加してみようと思った理由は、

現在Jリーグが東南アジア戦略を推し進めている中、
有名日本人選手が所属しているタイリーグと、
日系チームもあるカンボジアリーグの両方に、現地で直接関わることができるという点に興味を持ったからでした。

タイやカンボジアのサッカーリーグの試合を見に行く機会は個人的にはなかなか作りにくい上、
そこで働く人の生の声を聞くことができ、自分たちで主体的に動いてアウトプットする機会もあるということで参加することにしました。

タイではチョンブリーFCのホームゲーム観戦から始まり、そこで地域の人々が集まりスタジアムを満員にしている光景に感動。

その後、タイリーグに関わる方々のお話をタイのサッカー事情やその裏話もお聞きし、
日本にいては学ぶことができないことを得ることができました。

 

カンボジアでは、ミッションが与えられ、それに向け取り組む中で、

日本の人たち以上に、カンボジアの人たちはサッカーが大好きであるということを知ることができ、
今後のこの国でのサッカーの可能性というものを感じさせられました。

また自分自身の、課題に取り組む姿勢を、海外で取り組むからこそ、改めて見つめ直すこともできました。

 

このように、実際に参加してみて、現地で直接見て触れて考えて行動することにより、
文章を読んだり、話を聴いたりするだけでは絶対に感じることができないものを感じることができました。

この経験はこの『サムライフットボールチャレンジ』に参加することでしか得られない貴重な経験だと思います。

 

 

2014-05-25 | Posted in 参加者の声No Comments » 

 

SFC参加者の声:滝西 基生さん

サッカーに関わりたい想いが再燃!(カンボジア編 / 2014年5月)
—————————————————————————————————————————

サッカーに関わる仕事がしたいと漠然と考えていた大学時代。

Jリーグクラブでのインターンに参加したりしていましたが、新卒での採用はほとんどないことを知り、
一旦サッカー界で働くことを忘れ、
もう一つの興味としてあった「海外で働く、そして生活する」ということを実現するため、
一般企業への就職もせずフィリピン、カンボジアで長期のインターンシップに参加しました。

その期間も終わり帰国し今後の進路を考えていたときこの『サムライフットボールチャレンジ』という企画を知り、一度は忘れた夢を追いかけるべく参加することにしました。

 

研修は、様々な課題やミッションが受け入れ先クラブから出され、それをクリアしていく形で進行しました。

 

その中で一番印象に残っているのは「カンボジアリーグのサポーターを100人増やせ!」というものでした。

そもそもスポーツビジネスに携わりたいと考えたのは私自身スタジアムでのライブ感、興奮といった素晴らしさを、消費する側だけでなく創る側になりたいと考えてのことでした。

ですので、このミッションへの意気込みは強かったです。

試合には観に来るがどちらのチームを応援しているでもない人が大半であったり、
チームの応援歌もなかったりとJリーグとは違う点も多々あり、サポーターを増やすどころか、
そもそもいなかった。。。という現実がありましたが。

結果的にミッションは無事クリアでき、当日の試合では、ほとんどがサッカー初観戦というカンボジア人をたくさん集めることができました。

その中でもどれだけの人が次の試合もまた来てくれるかわかりませんが、
サッカーをみんなで応援する楽しさを知ってもらえたことは良かったと思います。

 

サッカーが文化としてまだまだ根付いていないサッカー途上国に、
アジアの中ではサッカー先進国のサッカー好きな日本人が現地に行くことで、

短期間の研修ではありますが自分たちが貴重な経験をするのと同時に、
しっかり貢献もできる可能性もいっぱいあるのがこのプログラムだと思います!

 

ぜひ成長著しいアジアで自分の視野を世界へ広げてください。

 

2014-05-25 | Posted in 参加者の声No Comments » 

 

2 / 212